セレブリックス営業代行を発注するメリット~導入企業様からの声~

当記事では、弊社に営業代行をご発注いただいた企業様から、成果創出に向けた活動の中でも特に評価いただいている6つのポイントをまとめています。 「営業代行といっても、どれほどパフォーマンスが出るものなのか不安」 「セレブリックスに営業代行を依頼するメリットを端的に知りたい」 このような懸念や考えをお持ちの方に向けた記事です。

記事を見る

営業代行を検討する際に抱く心配とその実態

営業代行を依頼するにあたり、自社の営業を本当に外部に委託して良いのか、代行会社の違いが分からず選定が難しいといった不安に駆られている推進担当者様も多いかと思います。本記事では、弊社の営業代行を検討いただいている企業様から多くいただくご質問に対して回答をまとめています。

記事を見る

大企業が抱える問題と実践している解決策~営業体制編~

皆さまは自社の営業組織、体制に対してこのような問題を感じていませんか? 「既存顧客に時間がとられて新規顧客の開拓ができずにいる」 「営業マンによって売れる人と売れない人の差がある」 「顧客に関する情報など、必要な情報が組織全体で共有されていない」 そこで今回は、営業体制を見なおすにあたり重要なポイント4つをご紹介します。

記事を見る

New Normal 時代の営業メソッド【シン・セールス理論】~「この人から”今”買いたい!」を実現するセールスプロセスの再構築

営業のNew Normal時代に必須となるのが、セレブリックスが新たに提唱する「シン・セールス理論」です。 営業活動にどのような変化が起きたのかをご説明するとともに、シン・セールス理論について解説します。

記事を見る

営業代行との連携はどう図る?~支援会社の活用でパフォーマンスが伸びるポイント~

テストセールスから営業の型作り、そして新規開拓営業にいたるまで、営業のアウトソーシングを上手に活用している、メリービズ株式会社の取締役 太田 剛志氏と、弊社営業代行事業の責任者である執行役員 北川が、支援会社の活用で成果を出すために発注者が意識するべきポイントについて対談しました。

記事を見る

インサイドセールス組織が成果を創出するために必要なこと

インサイドセールスによくある問題の一つに、「テレアポ部隊化してしまう」というものがあります。これは、インサイドセールスの業務が「電話をかけること」「アポイントを取ること」にフォーカスされてしまっているからです。今回は、インサイドセールスをチームとして成果を出すために、マネージャーやインサイドセールス担当者が日々の活動において成果創出のために工夫できることをご紹介します。

記事を見る

インサイドセールスに不可欠な「オンライン商談」のコツ

今後、テレワークによるオンライン商談や非対面営業が増えると予測される中、これまでの対面営業で通用していた「当たり前」が大きく変わります。また、テレワークが定着しつつあるこのタイミングで、企業の中には営業を強化する動きも見られますので、この段階でオンライン商談のスキルを上げて受注率向上に繋げる取り組みをするべきでしょう。今回は、オンライン商談を成功させる大切なポイントをご紹介します。

記事を見る

営業職が早期に成果を生み出すための仮説思考とは

近年、国内の営業手法は環境変化やテクノロジー分野の成長もあり急速に進歩しています。 そして進歩と連動するように、営業に求められるスキルも複雑化しています。その代名詞となるのが仮説思考型の営業です。営業はチャレンジの連続であるゆえに失敗はつきものですが、多くの方は、なるべくなら失敗を抑えて、高い確率で早期に成果を生み出すことを望むはずです。そこで今回は、営業職が早期に成果を生み出すための思考法『仮説思考』を、明日から実践できるようにまとめています。

記事を見る

スクリーニングで良質な案件を創出する方法

見込み顧客からのお問い合わせに対して行うインサイドセールスの役割の1つに、スクリーニングがあります。見込み顧客からのお問い合わせは、受注に至る確率も高く時間も短いですが、スクリーニングを実施することで、提案のタイミングとして最適か、それとも中長期でお付き合いすべきかを判断できるので、無作為に商談をする必要がなくなります。 その結果、成約に至る可能性が高い良質なアポイントを、フィールドセールスやオンラインセールスなどのクロージング担当に提供することが可能になるのです。ただし、判断基準が曖昧なままスクリーニングしてしまうと、多くのリスクが発生します。そこで今回は、スクリーニングのポイントをご紹介していきます。

記事を見る

リードナーチャリングを効果的に運用する方法

リードナーチャリングを実施するにあたり、目的やゴール、顧客の状況などをしっかり理解していますか?理解しないままなんとなくリードナーチャリングをしていても、見込み顧客は振り向いてはくれません。今回は、コンテンツファーストと呼ばれるこの時代において、リードナーチャリングを成功させるために必要な実践法をご紹介します。

記事を見る


ターゲティングの重要ポイントと精度の高いターゲットリストの作り方

正しいターゲティングをしても、基本情報さえわからないようなターゲットリストを作ってしまっては、本末転倒です。そのため、サービスや商品のニーズがあるであろう顧客が「どこに」いるのかを明確にし、精度の高いターゲットリストを作る必要があるということです。そこで今回は、ターゲティングで重要な考え方とターゲットリスト作成のポイントをご紹介します。

記事を見る

インサイドセールス大解剖~成功の秘訣とは~

営業でテレワークを実施している企業が多い中、これからは「インサイドセールス」で顧客とコミュニケーションをとる機会が格段と増えることが予測されています。しかし、今までインサイドセールスを経験してこなかった企業では、インサイドセールス組織の立ち上げや運営に四苦八苦している可能性もあります。今回は、基本から応用まで、インサイドセールスのあらゆる活用方法をご紹介します。

記事を見る



テレワーク購買モデル大研究〈セッション2(後編): 営業活動のリモートスタート!二極化するテレワーク時代で成果を出す営業組織とは?〉

リモートの営業で成果が二極化する時代の中で、成果を出す営業組織や営業パーソン一人ひとりの行動についてお話しいただきました。 Q&Aでは、セッション中にお答えできなかった質問の回答を掲載しています。

記事を見る

テレワーク購買モデル大研究〈セッション2(前編): 営業活動のリモートスタート!二極化するテレワーク時代で成果を出す営業組織とは?〉

人材活用プラットフォーム「HRMOS(ハーモス)」を提供する株式会社ビズリーチ 茂野明彦氏、オンライン商談システム「ベルフェイス」を提供するベルフェイス株式会社 西山直樹氏、BtoBマーケティング支援サービスを提供するコニカミノルタジャパン株式会社 富家翔平氏の3名が、営業支援会社セレブリックスの今井をファシリテーターとし、リモートの営業で成果が二極化する時代の中で、成果を出す営業組織や営業パーソン一人ひとりの行動についてお話しいただきました。

記事を見る

【レポート】テレワーク購買モデル大研究〈セッション1: コロナ禍における購入者視点で考えるB2Bビジネス〉

2020年5月「テレワーク 購買モデル大研究」と題したイベントをオンラインで開催しました。アフターコロナの営業活動については様々な予想がされていますが、実際に国内外の傾向や消費動向はどうなっていくのでしょうか。セッション1では、株式会社博報堂 買物研究所所長の山本泰士氏をお招きし、コロナ禍におけるB2Bビジネスが購入者視点でどう変化するのか、お話しいただきました。

記事を見る

セレブリックスの推奨するテレワークでの営業ハック

コロナ禍でも成果に繋げるための実践テクニックをご紹介したいと思います。 営業施策の中で、アウトバウンドでのテレマーケティング、オンライン商談、社内コミュニケーションの3つのポイントで、それぞれカテゴリ別に結論、具体策、セレブリックスでの実践例を共有します。

記事を見る

【レポート】日本の代表的なベンダーが語る、Sales Tech Meetup#2

セールステックをテーマに、営業支援会社セレブリックスの今井をファシリテーターとし、クラウド営業支援ツール「Senses」を提供する株式会社マツリカ 中谷真史氏、オンライン商談システム「ベルフェイス」を提供するベルフェイス株式会社 横山豊氏、DMP専業大手「セレクトDMP」を提供する株式会社インティメート・マージャー 佐伯朋嗣氏、セールスイネーブルメントツール「Sales Doc」を提供する株式会社Innovation & Co. 内田雅人氏の4名が登壇したパネルディスカッションの内容を一部抜粋してお伝えします。

記事を見る

「型化、見える化、効率化」の先にあるセールスイネーブルメント

「セールスイネーブルメント」とは、効率的に目標を達成したい、と考えている営業組織にとっては今後注力していくべき重要な取り組みになります。 本記事では、「セールスイネーブルメント」の概念や取り組み方についてご紹介いたします。 これから「セールスイネーブルメントに取り組んでいきたい」、「営業活動の改善・最適化を行いたい」とお考えの方に参考になる内容ですので是非チェックしてみてください。

記事を見る


社長の一言で商談が白紙に?「鶴の一声」を防ぐ、商談コントロールの秘訣

「順調に商談が進んでいたのに、社長の一言で白紙になった」「役員会の方針転換があり、振り出しにもどった。」このような経験、営業パーソンであれば一度はあるのではないでしょうか。 本コラムでは、この「鶴の一声」を防ぐためのテクニックをお伝えいたします。 決裁者呼び出しトーク例もご紹介してありますので、是非チェックしてみてください。

記事を見る

営業は知性と技術の世界へ。疲弊とサヨナラするためのアカウントベースドマーケティングの始め方。

アカウントベースドマーケティングとは、『特定のターゲット顧客(企業)を選び、その顧客からの売上を最大化することを目的とした営業・マーケティング活動』である 私たちセレブリックスでは、このように定義しております。 分かりやすく言うと、「数打てば当たる」という発想を辞めて、付き合いたい企業を狙い撃ちしましょうという考え方です。

記事を見る

セールステック業界を牽引するbellFace清水氏による、ここがすごいよ!セレブリックス

営業力の改善や組織改革をテーマとして2019年11月に開催された『Sales Enablement Conference2019#02』に弊社今井が登壇した際のレポートを公開しています。 セレブリックスの成果創出における秘訣を、営業に特化したWeb会議システム「bellFace」を展開しているベルフェイス株式会社の清水氏が紐解いていく内容となっています。

記事を見る

PUSHの新規開拓営業(アウトバウンド)が必要な理由。

問合せに対して反響営業をしている方が、ストレスもないし営業も簡単だとお考えの方も多いと思います。しかし、事業成長のためにはアウトバウンドは欠かせません。本コラムでは、アウトバウンド営業がつらいと感じている営業パーソン、また、アウトバウンド営業の組織管理者に向けて、「なぜアウトバウンドが必要なのか」をわかりやすくお伝えいたします。

記事を見る

インサイドセールスの極意~営業プロセス別の改善方法を大公開~

インサイドセールスは、リーダーやマネージャーなど管理者側から見ると、とても管理しやすい営業手法といえます。 なぜなら、営業活動を社内で行っているため、アポを取る電話の内容だけでなく、実際の商談で何を話しているのか、内容まで把握することができるからです。また、売れている人のトークや商談内容をすぐに展開できるため、訪問営業と比べてスキルの標準化がしやすい、というメリットもあります。 今回のコラムでは、インサイドセールスチームをまとめるリーダーが、チーム全体で成果を上げていくために何を行なうべきなのか、その方法を一部ご紹介いたします。

記事を見る

ビジネスでも差がつく「クリティカルシンキング」の基本姿勢と4つの学び方

「クリティカルシンキング」の基本姿勢から学び方、ロジカルシンキングとの違いについて、詳しくご紹介いたします。「これからクリティカルシンキングを学びたい」「ロジカルシンキングとの違いを知りたい」そのような方には、お役に立てる内容ですので、ぜひ最後まで目を通してくださいね。

記事を見る

アウトソーシングの導入を成功させるために必要なたった3つのこと

今回はアウトソーシングの導入に成功する会社に共通していることをお伝えいたします。 営業代行を例に出してはいますが、内容としてはアウトソーシング全般に言えるものですので、営業のアウトソーシングをお考えの方も、その他アウトソーシングを検討中の方も、ぜひ参考にしてみてください。

記事を見る


お問い合わせ

1,200社12,000サービスの実績から体系化された
成功パターンを持つ私たちが支援します

(受付時間 平日10:00~18:00)
お役立ち資料DL_アイコン
サービスごとの詳細資料を無料配布中
セミナー_アイコン
成果が出る営業がわかるウェビナー開催中

そのほかのコンテンツはこちらからご覧いただけます

人気コラム

コラムカテゴリ