【初心者向け】新規事業開発の「市場分析・検証」で使うべきフレームワーク3選

新規事業の「分析・検証」で使うべきフレームワーク3選

「テスト営業を通して検証・分析を実行したいが、どうすればいいかわからない」
「分析に不備があり、途中で重大なミスが発覚した」

担当者を悩ませる、サービスや市場の分析と検証。事業計画の時点で軽い気持ちで進めてしまうと、事業撤退になってしまうことがあります。

この記事では、新規事業開発 (ビジネスディベロップメント(ビズデブ):Business Development)に使えるフレームワークをご紹介します。フレームワークが必要な理由、フレームワークを使う際に気を付けるポイントなど解説いたします。ぜひご覧ください。

目次[非表示]

  1. 1.新規事業開発において重要な「市場分析と検証」
    1. 1.1.フレームワークとは?
    2. 1.2.新規事業開発でフレームワークを使うべき理由
  2. 2.市場調査・分析に使うフレームワーク3選
    1. 2.1.①SWOT分析
    2. 2.2.②PEST分析
    3. 2.3.③3C分析
  3. 3.新規事業の検証・分析を営業のプロに頼んでみませんか?
    1. 3.1.支援事例:丸紅株式会社様
  4. 4.まとめ:新規事業開発では、フレームワークを使おう


新規事業開発において重要な「市場分析と検証」

新規事業開発において重要な「分析と検証」

事業計画を立てるにあたって、分析や検証時にはさまざまな視点が必要になります。計画に時間をかけないためにも、フレームワークの利用がおすすめです。

フレームワークとは?

フレームワークとは、「構造」「枠組み」を意味する言葉です。論理的思考や分析を誰でもしやすくするための「型」のことを指します。

何から手をつけていいかわからない場合でも、自社でステップを組み立てることなく、フレームワークに沿って調べられます。計画に時間をかけすぎずに事業を進められれば、サービスを早めにリリースでき、競合が参入する前に手を打つことが可能です。「ここの検証も必要だった!」と後から焦らないためにも、まずはフレームワークを使って計画を立てましょう。


新規事業開発でフレームワークを使うべき理由

・事業計画の時間短縮
フレームワークを使えば、型に沿って順番に要素をあてはめていくだけです。「どんなことから考えればいいのか?」と一から考えずに済むため、時間が短縮できます。


・思考整理ができる
新規事業計画では考えなければならない要素がたくさんありますが、フレームワークを使えば各要素をまとめながら思考を整理できます。


・戦略、戦術が可視化できる
フレームワークを共有することで、メンバー全員が戦略や戦術を把握しやすくなります。新規事業開発のスピード・確実性が上がります。


新規事業計画に必要なことは、「スピード」と「正確性」です。
フレームワークを利用して、競合に先手を打たれる、環境変化の影響で機会損失が発生するなどのリスクを回避しましょう。


市場調査・分析に使うフレームワーク3選

市場調査・分析に使うフレームワーク3選

市場(マーケット)調査、分析のプロセスで利用するフレームワークをご紹介します。

①SWOT分析

SWOT分析では、企業や商品の「強み」「弱み」「機会」「脅威」の4つの要素を分析します。

  • 強み (Strength)
  • 弱み (Weakness)
  • 機会 (Opportunity)
  • 脅威 (Threat)

商品の強みを最大化したり、何か問題が起こった際に切り抜ける方法を事前に考えられます。

②PEST分析

PEST分析は、「政治」「経済」「社会」「技術」の4つの要素から分析します。

  • 政治 (Politics)
  • 経済 (Economy)
  • 社会 (Society)
  • 技術 (Technology)

景気や政治情勢、法律の改正などの外部環境を分析することに特化したフレームワークです。外部環境に変化がおこった場合、事業にどのような影響やリスクを与えるのかを予測できます。

③3C分析

3C分析は、「市場・顧客」「競合」「自社」の3つの要素から分析します。

  • 市場、顧客 (Customer)
  • 競合 (Competitor)
  • 自社 (Company)


どのように競合他社との差別化を図るか、事業はどのような市場で、どのような顧客にマッチするかを分析します。

新規事業の検証・分析を営業のプロに頼んでみませんか?

テストセールスアウトソーシング

もし新規事業開発にお悩みでしたら、セレブリックスにご相談ください。フレームワークを使用した検証や分析はもちろん、サービスの売り方までご支援させていただきます。

  1. 「誰もが売れる」仕組みを納品します
  2. 「早く事業を立ち上げたい!」に応えます
  3. 現場で本当に使えるノウハウだけを提供します

◆サービス概要

  • 事前準備:市場調査、ターゲット分析
  • 調査・分析:キーマンアプローチ、ニーズ調査
  • 実践・効果検証:テストセールス(実践・効果検証)

テストセールスアウトソーシングの詳細はこちら
​​​​​​​

支援事例:丸紅株式会社様

セレブリックス 営業支援 導入事例「丸紅株式会社 さま」

環境・社会認証品のデジタル監査プラットフォーム「Wowdit(ウォーディット)」を提供する丸紅株式会社様の、新規事業の「PMF*達成を目指したテストセールス」支援の導入事例です。 当サービスの戦略交渉、開発、営業を担当されている渡部様、青木様、水村様にお話を伺いました。*PMF=プロダクトマーケットフィット

事例インタビューはこちら↓
新規事業の勝ち筋を見出す!PMF達成を目指したテストセールス支援

まとめ:新規事業開発では、フレームワークを使おう

最後までお読みいただき、ありがとうございました!
ここまでのおさらいです!

  • フレームワークとは?
    • 分析や検証を簡単にする型
  • 規事業開発においてフレームワークを使うべき理由
    • 時間を短縮できる
    • 思考整理ができる
    • 戦略、戦術が可視化できるため、共有しやすくなる
  • 市場調査・分析に使うフレームワーク3選
    • ①SWOT分析
    • ②PEST分析
    • ③3C分析

関連記事

よろしければシェアしてください!
営業に関する最新情報を受け取る
お問い合わせ

1,200社12,000サービスの実績から体系化された
成功パターンを持つ私たちが支援します

(受付時間 平日10:00~18:00)
お役立ち資料DL_アイコン
サービスごとの詳細資料を無料配布中
セミナー_アイコン
成果が出る営業がわかるウェビナー開催中

そのほかのコンテンツはこちらからご覧いただけます

おすすめ記事

セレブリックス メルマガ登録

サイト内検索


コラムカテゴリ

人気コラム