社会人なら知っておくべき営業用語&ビジネス用語18選


総合職や営業職といった社内外を問わず頻繁に人と接する職種では、幅広い世代の人たちとコミュニケーションを取らなくてはなりません。
そこでは基本となるビジネス用語から専門用語までが、当然のように飛び交います。

マーケティングや営業・ビジネス全般などさまざまな用語が存在しますが、その全てを把握しているという人は少ないでしょう。

そこで、今回のコラムでは、一般的に用いられる営業用語とビジネス用語を一覧にしてご紹介いたします。
日常的に使われる言葉や、一部の役職や業界でしか使われない言葉もありますが、新人・ベテランを問わず、皆さんの参考になれば幸いです。





目次[非表示]

  1. 1.営業職で用いられる営業用語・ビジネス用語一覧
    1. 1.1.アウトバウンド
    2. 1.2.インバウンド
    3. 1.3.アウトソーシング
    4. 1.4.アフターサービス
    5. 1.5.アプローチ
    6. 1.6.アポ
    7. 1.7.アイミツ(相見積)
    8. 1.8.インセンティブ
    9. 1.9.オピニオンリーダー
    10. 1.10.クライアント
    11. 1.11.クレーム
    12. 1.12.ランニングコスト
    13. 1.13.コンシューマー
    14. 1.14.ニーズ
    15. 1.15.顕在ニーズ
    16. 1.16.潜在ニーズ
    17. 1.17.ヒアリング
    18. 1.18.プロモーション
    19. 1.19.プレゼン
  2. 2.まとめ


営業職で用いられる営業用語・ビジネス用語一覧

こちらは営業職で必要になる用語の一覧です。
当たり前に使われている営業用語も多いですが、改めてその意味を確認してみましょう。

アウトバウンド

自社から顧客(外部)に対して営業活動などのアプローチを行う業務形態のことです。
電話・訪問・勧誘などを問わず、自社から外部へアプローチすることを指す用語です。

インバウンド

アウトバウンドと逆で、顧客が必要に応じて自社にアプローチ(問い合わせ・訪問)してくることです。
その他にも、近年では「外国人観光客」をインバウンドと呼ぶこともありますので、文脈に応じて使い分けましょう。

アウトソーシング

外注業者に業務を委託するという意味です。
日本語に訳すと「外部委託」となり、1度外部委託した業務を社内に戻す場合は「インソーシング」と呼ばれます。

営業業務を外部の営業代行会社に委託することも、アウトソーシングの1つです。

アフターサービス

商品やサービスを提供した後のサポートサービスの総称です。
提供後の不具合・故障・質問・相談などのサポート業務全般を指します。

アプローチ

ターゲットとしている対象に接触を図る行為全般を指すビジネス用語です。
特に営業の場面では、顧客やクライアントを対象として頻繁に利用しています。

アポ

アポイントメントの略です。
一般的には「アポ」と略されることが多く、面会の約束や予約を意味する用語になります。
テレアポ業務は「テレフォンアポイントメント」の略なので、電話で面会の約束を取り付ける業務という意味です。

アイミツ(相見積)

相見積もりの略です。
複数の業者から見積もりを取ることで、どこが安いのか見積りを比較する行為を指します。

インセンティブ

歩合制の報奨金を意味する用語です。
一定以上の成果をあげた人に対して、給与とは別に特別支給されます。
基本は成果利益に比例した金銭ですが、企業によっては物資で支給されるケースもあるようです。
このインセンティブを目的にして営業職を選ぶ人も少なくありません。

オピニオンリーダー

消費者全体の購買意欲に影響を与える人、という意味です。

一般消費者が特定の商品やサービスの購入を検討した際、
「テレビで芸能人や有名人が使っているから購入する」となった場合、その芸能人や有名人がオピニオンリーダーになります。

マーケティングを行う際に、よく用いられる用語の1つです。

クライアント

得意先や顧客を意味するビジネス用語です。

クレーム

商品やサービスを購入したあとで、苦情や異議を申し立てる行為全般のことです。
またクレームを出す人を「クレーマー」と呼びます。

ランニングコスト

サービスや商品を利用したあとで、運用・維持していくのに必要な費用を指す言葉です。

営業活動で顧客にプレゼンを行うときなどにも多用されるケースが多いです。
主に管理費や運営代行費などが該当します。

コンシューマー

消費者を指す用語です。

ニーズ

顧客の要望や課題、また市場の需要を指すビジネス用語です。

新商品やサービスを開発するとき、または営業活動を行う際にはニーズをしっかりと分析することが重要になります。
市場にニーズ(需要)がない商品やサービスは、どんな戦略を練っても購買につながらないと言っても過言ではありません。

顕在ニーズ

顧客が現在すでに要望を持っているニーズのことです。

顧客自身がその問題に直面しており不満を認識しているため、その問題を解決できる商品やサービスを出せば高確率で購買につなげられます。

潜在ニーズ

表面上は第三者からも分からず、また顧客自身が課題や問題を認識していない状態のニーズのことです。

顧客自身も問題や課題に気付いていない状態ですが、実際には需要は存在しています。
徹底的にヒアリングを行い問題や課題を顧客に気付かせることで、購買につなげられる可能性が高いのです。

より多くの顧客を獲得するためには、どれだけ顧客の潜在ニーズを掴めるかにあります。
営業パーソンに求められる資質が上手く喋ることではなく、相手の話を聴く『傾聴力』だと言われる理由です。

ヒアリング

相手の話を聞いて、情報収集及び状況把握を行う段階・手法のことです。
主に営業用語として用いられます。

プロモーション

販売施策または販売促進という意味のビジネス用語です。
要するに売り方やPR方法を指します。

プレゼン

プレゼンテーションの略。
自身の戦略や考え、企画や提案などを図や表・文章を用いて説明することです。

プレゼンを行う際にはMicrosoft Officeのパワーポイントソフトなどが用いられます。


まとめ

いかがでしたか?

今回ご紹介した言葉以外にも、ビジネス用語や営業用語はたくさんあります。
これらの用語を当たり前に使っていても、いざ意味を説明するとなったときに上手く言葉が出てこないこともあるのではないでしょうか。

そのようなときに今回のコラムがお役に立てば幸いです。

よろしければシェアしてください!
週2回、最新の営業ノウハウを
トップセールスがメルマガにしてお届けします。
お問い合わせ

1,200社12,000サービスの実績から体系化された
成功パターンを持つ私たちが支援します

(受付時間 平日10:00~18:00)
お役立ち資料DL_アイコン
サービスごとの詳細資料を無料配布中
セミナー_アイコン
成果が出る営業がわかるウェビナー開催中

そのほかのコンテンツはこちらからご覧いただけます

コラムカテゴリ

人気コラム