営業職採用、営業代行事業の需要について(2023年)


営業職採用、営業代行事業の需要について(2023年)

目次[非表示]

  1. 1.大手企業(エンタープライズ)顧客を獲得したい
  2. 2.まずは顧客をつくること
  3. 3.営業職種の需要が高まり、営業代行やセールステックの需要も高まる
  4. 4.こうした営業力不足にセレブリックスがお役に立てること


国内需要が高まっている職業として、リンクトイン・ジャパンは1月17日に興味深い発表を出した。集計方法として2018年から22年までの5年間で、最も求人の増加率が高かった職種を算出。その結果として「法人営業」が最も高い職種として選ばれた。

  LinkedInで求人需要が上がっている職種TOP10 SaaS関連職が人気 国内1位は?(ITmedia NEWS) - Yahoo!ニュース  LinkedIn内の国内向け求人で人気が高まっている職種は──リンクトイン・ジャパンは1月17日、こんなランキングを発表した。2018年から22年までの5年間で、最も求人の増加率が高かった職種を算 Yahoo!ニュース


内容をご覧いただければお分かりのように、1位の法人営業以外も、いわゆる営業関連職・レベニュー(収益)創出職種が軒並みランクインしていることに注目したい。


1位 法人営業
3位 インサイドセールス
6位 パートナーシップマネージャー
7位 カスタマーサクセス
8位 顧客サポートスペシャリスト



このように10位までのうち、実に5職種が営業系職種というから驚きだ。このように技術系の職種を抑えて、ビジネスサイドの職種がランキングを占有するのを久々に見た。

基本的にはSaaSビジネスの普及、コロナによる顧客コミュニケーションの強化が理由と予測されているが、私なりの仮説と予想をもとにこの結果をひも解いていきたい。

大手企業(エンタープライズ)顧客を獲得したい

多くのSaaSプロダクトが、安定かつ基盤となる収益源を手にするために、大手企業の顧客を開拓したいというニーズを抱いている。(もちろん、中小マーケットを狙ったプロダクトもあるのでこの限りではない)

この前提に立った場合、BtoBマーケティングの主流である、リード獲得型のマーケティング(リードベースドマーケティング)だけでは、大手企業のターゲットキーパーソンとの接点を抱くのはなかなか難しい。

そうなると、特定のターゲット顧客にプッシュも含めた顧客開拓が必要になるため、アカウントベースドマーケティング型の法人営業ができる人を求める動きが出てくる。こうした背景も「法人営業担当」職種の需要が高まる理由になるのではないか。

まずは顧客をつくること

永遠のベータ版ともいわれるSaaSプロダクトは、ユーザーの利用やフィードバックがあって、進化と改善の道筋を辿る。そのためには、まず顧客が潤沢に存在し、利用されていることが前提だ。そうした場合、顧客開拓に関わるビジネスサイドを強化することは、とても自然な取り組みと言える。

また、景気変動などVC等からの出資を得ることが難しくなることが増えてくると、機能改善やプロダクトのアップデートには売上を増やして原資を得るしかないのだ。



  営業代行について問い合わせる 1,200社12,000サービスの営業支援実績から 体系化された成功パターンを持つ私たちが支援します 株式会社セレブリックス





営業職種の需要が高まり、営業代行やセールステックの需要も高まる

さて、こうした営業職の採用ニーズが高まると伴って需要が生まれるビジネスがある。1つはBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)だ。特に営業代行、営業アウトソーシングはこうしたニーズにダイレクトに応えるソリューションとなるだろう。求人数が増えれば、求職者の数が足りなくなり、有効求人倍率が高まる。

そうなると優秀な人材を採用が困難になるだけではなく、採用コストの高騰や、即戦力人材が雇えず、事業計画にも遅れが出るのだ。そうした課題解決を実現するために、エキスパートに業務委託する営業アウトソーシングの需要は高まることが予想できる。

また、人の採用が難しければセールステックの活用等で代替し、セールスプロセスの課題解決を実現する必要性も出てくる。採用だけでなくこうした解決策やハイブリッドな施策も踏まえて、総合的に判断する必要性が続きそうだ。
​​​​​​​

こうした営業力不足にセレブリックスがお役に立てること

アポイントの獲得から商談まで、営業プロセスの課題解決をご支援する営業代行サービス


営業職に特化した人材紹介サービス



執筆者:今井晶也

プロフィール

今井晶也

執行役員
カンパニーCMO /セールスエバンジェリスト

セールスエバンジェリストとして、法人営業に関する研究、執筆、基調講演等を全国で行う。2021年8月には “Sales is 科学的に「成果をコントロールする」営業術” を扶桑社より出版。営業本のベストセラーとして累計出版数が5万部を超える。

2022年7月には単著二作目として “お客様が教えてくれた「されたい」営業” を出版。現在は執行役員 CMOとして、セールスカンパニーのマーケティング、営業、新規事業、事業推進を管掌する。Everything DiSC®️の認定トレーナーであり、専門は営業、プレゼンテーション、コミュニケーションスタイルと多岐に渡る。

よろしければシェアしてください!
週2回、最新の営業ノウハウを
トップセールスがメルマガにしてお届けします。
お問い合わせ

1,200社12,000サービスの実績から体系化された
成功パターンを持つ私たちが支援します

(受付時間 平日10:00~18:00)
お役立ち資料DL_アイコン
サービスごとの詳細資料を無料配布中
セミナー_アイコン
成果が出る営業がわかるウェビナー開催中

そのほかのコンテンツはこちらからご覧いただけます

サイト内検索

コラムカテゴリ

人気コラム