営業部でGoogle Workspace(GSuite)が活きる3つの理由

営業ノウハウコラム「Sales is」の新シリーズ「営業×クラウド」コラムシリーズとして、営業組織の生産性を向上させるための仕組みづくりや、クラウドにまつわるトレンド情報、ノウハウなどを紹介していきます。

第一弾は、営業組織の効率改善に「Google Workspace(GSuite)が有効活用できる!!」という内容です。営業効率化や業務改善に興味がある方は是非ご覧ください!


あわせてお読みください

本記事とあわせて、営業力を高めるための新規開拓チェックリストをぜひご活用ください。新規開拓で生産性を向上させ、成果を高めるためのチェックリストです。営業パーソンや営業組織が持つべき基本的なスタンス、起こすべき行動から、実際の営業活動で実施すべき項目までまとめています。

資料ダウンロードボタン



目次[非表示]

  1. 1.営業部門でGoogle Workspace(GSuite)の導入が軒並み増加している理由
  2. 2.理由①:自由度が高い(自由な設計&カスタマイズ)
  3. 3.理由②:営業現場で運用しやすい、簡単
  4. 4.理由③:幅広い業務の効率化をサポート
  5. 5.まとめ


営業部門でGoogle Workspace(GSuite)の導入が軒並み増加している理由

近年、営業部門でクラウドサービスの導入が盛んになっているのは周知の事実ですが、SFA(営業支援システム)やCRMシステム(顧客関係管理システム)などを導入しても、使いこなすことが出来ず放置したり、解約してしまう企業が多い事実をご存知でしょうか?

クラウドサービスの導入は、営業生産性を高めたり、効率UPやコスト削減などを目的とする企業が多い中、システムを導入しても、逆に効率が悪くなってしまったりと経営者や営業部門責任者を悩ませているのです。そんななか、営業部門でGoogle Workspace(GSuite)の導入が増えてきています。

Gmailやカレンダーは有名ですが、Google Workspace(GSuite)の価値はこれだけに留まりません。今回のコラムでは、なぜGoogle Workspace(GSuite)が営業に適しているのか、その理由を3つにまとめてみました。


理由①:自由度が高い(自由な設計&カスタマイズ)

営業と一言でいっても必要なツールや帳票は本当に多岐にわたります。個人で運用するものから、営業管理帳票など定型フォーマットに入力するものもあります。Google Workspace(GSuite)が営業に適している最たる理由は、こうした様々なツールを全て、自前で自由に作れることです。

※制作例:日報/目標管理表/案件管理表/顧客データベース/行動管理表/各種管理帳票


理由②:営業現場で運用しやすい、簡単

Microsoft Officeのエクセルをクラウド上で自由にどこでも使える想像をしてください。クラウドサービスやSFAを導入している企業の多くは、「管理項目によってはエクセルで営業活動を管理している」というケースが多く見受けられます。

Google Workspace(GSuite)であれば、訪問先でも・どこでも使い慣れたエクセルを操作するかのように、クラウド環境で仕事ができるようになるのです。SFAや特定のクラウドサービスに合せた営業を強いられることがなく、営業パーソン自身の入力業務に負担が掛かりにくいため、定着しやすくなります。


理由③:幅広い業務の効率化をサポート

Google Workspace(GSuite)であればビジネスに必要なアプリケーションを網羅できます。

例えば、営業管理・スケジュール・メール・マーケティング・情報共有などあらゆる業務を GSuite(Google Apps)ひとつで管理することができるため、業務効率を高め「営業活動に集中できるコアタイム」を増加させる効果があるのです。


あわせてお読みください

本記事とあわせて、営業力を高めるための新規開拓チェックリストをぜひご活用ください。新規開拓で生産性を向上させ、成果を高めるためのチェックリストです。営業パーソンや営業組織が持つべき基本的なスタンス、起こすべき行動から、実際の営業活動で実施すべき項目までまとめています。
資料ダウンロードボタン


まとめ

上記の理由から、企業がGoogle Workspace(GSuite)を導入する傾向が強くなっているのです。
SFAやクラウドサービスはその機能を使いこなすことが出来れば非常に便利ですが、「現場で運用しやすいか?」「様々な管理帳票やツールと連携できるか?」が重要になります。

Google Workspace(GSuite)は必要なツールを自由に使いやすいように作れて、且つ各ツール(帳票)と連携を図ることができるので、手間や二重入力なども発生せず、現場はとても運用しやすくなります。これを機会に、ぜひGoogle Workspace(GSuite)の利用を検討されてみてはいかがでしょうか?

関連記事

よろしければシェアしてください!
営業に関する最新情報を受け取る
お問い合わせ

1,200社12,000サービスの実績から体系化された
成功パターンを持つ私たちが支援します

(受付時間 平日10:00~18:00)
お役立ち資料DL_アイコン
サービスごとの詳細資料を無料配布中
セミナー_アイコン
成果が出る営業がわかるウェビナー開催中

そのほかのコンテンツはこちらからご覧いただけます

おすすめ記事

セレブリックス メルマガ登録

サイト内検索


コラムカテゴリ

人気コラム