Google Apps営業管理・営業支援サービス

SFA・データベース構築

SFAメインビジュアル

組み合わせは自由。御社だけの営業支援システムを構築!

例えば、営業がターゲットリストにアプローチ結果を入力するだけで、「日報」や「見込み管理帳票」を自動生成してくれる・・・そんな機能があれば営業にとっても、管理者にとってもとても便利な筈です。

Google Apps™ のスクリプト( Google Apps™ 専用のプログラミング)を活用すれば、こうした営業管理の一元化を「いとも簡単に」実現することが可能です。

 

営業効率が飛躍的に高まる

SFAメインビジュアル

Google Apps™ を活用したSFA(営業支援システム)や顧客データベースを活用することができれば、営業管理や顧客データの入力に掛かる時間を飛躍的に短縮することが可能です。
営業パーソンは、管理項目ごとにエクセルやクラウドサービスを入力する手間が減り、純粋な顧客開拓活動(セールスコアタイム)に充てられる時間が増加することでしょう。

また、営業マネージャーや管理者は、ひとつのプラットフォームで営業に必要なあらゆる情報をリアルタイムに管理することが可能になるため、マネジメント効率が向上します。

マーケティングとして活用する

SFAメインビジュアル

データ化された営業情報や顧客情報は、そのままデータベースとして活用できます。
顧客属性や情報に基づいた、メールマガジンの発行やDMリストとして活用することで、顧客と継続的なリレーションを築くことが可能です。
ひとつの顧客接点から受注数や額を最大化させる、顧客開拓の仕組みを構築可能です。

 

組み合わせは自由

それぞれの帳票はスプレッドシートをベースに構築するので、統合したいデータの組み合わせはクライアント様の希望に合せた設計が可能です。

例1 :スケジュールに入った営業の結論回収日にGmailでアラートを出したい
例2 :日報に活動履歴を入力すると目標管理表やランキング表も自動集計される


CEREBRIXが支援できること

セレブリックスはこれまで営業コンサルティング、営業アウトソーシング等で、600社3000事業部の営業支援実績を実施しています。
その中で培った「営業効率化」「営業管理」等の営業ノウハウを駆使して、
SFAで管理する項目の設計から運用方法のご提案も含めてトータルサポートを実現します。

 

↓ 営業ツール開発支援の資料をダウンロードできます