営業コンサルティング

営業組織デジタルシフト

従来のセールスマーケティング手法では、お客様と営業の双方で非効率が生じています。テクノロジーとツールを活用して顧客理解を深めることで、販売効率と営業の生産性を高めます。
お問い合わせはこちら

営業組織にデジタル手法を導入・定着させて、新しい顧客との出会いを増やします

こんな悩みをかかえるお客様におすすめのサービスです

従来の対面による営業手法では売上の限界を感じている

デジタル活用を推進したいが、何から始めるべきかがわからない

デジタル導入は成功したものの教育現場が変革に追い付いていない

営業が属人化しており、再現性を高められない

営業組織デジタルシフトの特徴

01

「勝ちパターンの見える化」で持続的な営業生産性

デジタルシフト後のセールスマーケティングにおける勝ちパターンを明確にし、貴社営業組織だけで効果を持続できるよう支援します。トップセールスに頼らない営業ガイドラインを策定することで誰もが売れる仕組みを創出します。

02

デジタルマーケティングから営業まで一気通貫支援

パフォーマンス型のデジタルマーケティングエージェンシーとグループ内連携しています。最新のデジタル技術と高度なマーケティング戦略を駆使し、他社では実現できない一気通貫の支援が可能です。

03

セールスマーケティングのベストプラクティスを提供

デジタルシフト後、想定外の問題が起きやすいのは教育のフェーズです。ノウハウやナレッジなど教育コンテンツがない状態を防ぐために、セレブリックスはベストプラクティスを検証し、研修、定着までを支援します。

約450人の営業メンバーは正社員が中心
日々のデータから導いたメソッドで支援します
お問い合わせ
03-4405-2671
(受付時間 平日10:00~18:00)

営業組織デジタルシフトのサービス概要

セールスマーケティング診断

本来の目的を見失いデジタルシフトすることが目的にならないように支援します。お客様の戦略、マーケティング施策、営業フローやトーク設計などを把握した上で診断します。手法の詳細と過去の実績までヒアリングさせて頂き本質的な改善に至るための支援をします。

主な施策

セールスマーケティング把握、戦略戦術協議、市場理解分析、貴社商材理解

デジタルシフト体制構築

デジタルシフト整備の協議を通じて最適な環境設計をしても、実行するリソースとスキルがなければ状況は変わりません。MA運用やインサイドセールス連携などでお客様のリソースとアウトソーシングを組み合わせ、営業効率の改善や顧客のニーズが発生するタイミングを見逃さない体制構築を実現します。

主な施策

体制構築、フロー策定、ツール運用連携、インサイドセールス組織立ち上げ、コンテンツ作成

デジタルシフト推進・運用・定着

デジタルシフトの企画・提案を行うだけではなく、最新テクノロジーやツールを活用して顧客動向を見える化します。顧客理解を深めることで新しいチャネルの創出、コンテンツによる商談数増加、受注率向上を実現します。

主な施策

推進PDCA、顧客理解浸透、運用改善報告、定着研修、コンテンツブラッシュアップ

営業組織デジタルシフトの支援体制・支援範囲

お客様との業務委託契約締結後、サービス特性にあわせて人選したコンサルタントで貴社専属の納品チームを発足し、支援を開始します。主な構成と役割は以下の通りです。

リーダー(1名):業務設計推進、進行管理
メンバー(3名~):実態調査、アセスメント、営業手法策定、コンテンツ作成、ツール選定導入、各種レポーティングetc

支援体制のイメージ

支援体制のイメージ
  • コロナウィルス感染拡大防止のため原則非常駐にてご支援させていただきます。常駐希望の場合は営業担当にご連絡ください。

支援範囲

セレブリックスの業務範囲とお客様の業務範囲は以下の通りです。実際にはお打ち合わせして、詳細を決定します。

セレブリックスの業務範囲
  • セールスマーケティング診断
  • 実態調査
  • 関係者ヒアリング
  • 市場/競合調査
  • 戦略戦術協議
  • 体制構築
  • 営業フロー策定
  • コンテンツ作成
  • ツール選定導入
  • 顧客理解
  • 定例報告
お客様の業務範囲
  • ヒアリング対応
  • 戦略戦術協議
  • 定例報告会対応
  • 最終レポート確認
約450人の営業メンバーは正社員が中心
日々のデータから導いたメソッドで支援します
お問い合わせ
03-4405-2671
(受付時間 平日10:00~18:00)

支援開始までの流れ

01

営業支援の企画提案の実施

弊社の営業コンサルタントから、営業支援の企画提案をさせて頂きます。スケジュールや体制、シミュレーション等の諸条件をご確認ください。

02

業務委託契約の取り交わし

営業支援の条件を双方で詰めたら、お申込や契約の手続きに移ります。主に契約期間や委託費用等の契約内容を取り決めます。

03

専属チームの決定と配属

貴社の営業アウトソーシングプロジェクトにおける、専属チームの手配を行います。事前の面談等はできませんが、委託条件に合わせた人材を選任します。

04

キックオフ

目的や目標の摺り合わせ、商品のレクチャー等を実施いただき、稼働後に齟齬がないよう、双方で気になるポイントや注意事項の最終確認を行います。

05

プロジェクトのスタート

いよいよ営業コンサルティングがスタートします。お申込みをいただいてから、コンサルティング業務の開始までおおよそ1か月程度かかります。

成果事例サンプル

ターゲット選定に3rdPartyデータを活用し、アポ獲得率2.6倍を実現

プロジェクト概要
クライアント

人材支援会社

プロジェクト目的

ターゲットが定まらず、どこから営業すべきかが不透明を解消するため

支援概要
支援内容

サービスサイトに流入している企業を特定し、動向を考察し仮説構築後にアプローチを実施

支援期間

6カ月

支援体制

チーフ1名、プレイヤー2名

成果

有効なマーケティング施策やリードナーチャリングを実施していたが、それでも有効商談件数が不足し、次なる一手を模索していた案件です。MAなども導入していたため獲得リードのアクションなどは把握していましたが、獲得リード以外の営業先となると、過去失注や何回も営業をして断られている企業しかないという状況でした。

そこでよりニーズのあるホットリードに営業活動をするため、3rdPartyデータを活用し、サービスサイトへ流入している企業を特定し営業を実施。アポ獲得率が3%から7.8%と約2.6倍に増加し、伴い有効商談の件数も増加しました。

その他の営業コンサルティングサービスはこちら

お問い合わせはこちら