セレブリックスでは正しい営業スキルを身につけさせるための『ロールプレイング研修』を推奨してます。実践型研修と呼ばれる、体験や実践を取り入れた教育方法です。
本資料では、なぜロールプレイングが営業のスキルアップに適しているのか、また、行う際のポイントを解説しています。最後には簡易的なチェックシートもご用意しておりますので、ぜひご活用ください。

デジタルマーケティングでたくさんリードを獲得したのに、なかなか売り上げに繋がらない。そんなお悩みをよく聞きます。せっかく集めたリード情報をホットリードにするにはどうすれば良いのでしょうか?本資料では、優先順位の付け方やメール文章フォーマットなど、セレブリックスが実践しているナーチャリングのポイントを紹介します。

営業のデジタル化、デジタルトランスフォーメーション・・昨今、こんな言葉を当たり前のように耳にします。しかし、実際に理解し現場に落とし込めている人はまだまだ少ないのではないでしょうか。本動画では、営業がデジタルを活用することで受けとることの出来る恩恵について解説しています。

弊社が提供している研修プログラムメニューの一覧です。

 

営業組織の強化をしたくて研修をしているのになかなか成果に繋がらない。そんなことはございませんか?実は、研修にあたり最初に行うべきことは【現場の情報を正確に把握すること】なのです。本セミナーでは、本当に効果のある教育を行うために必要なスキルから研修のデジタル化のポイントまで、「営業教育」のすべてをお伝えいたします。

この資料は、セレブリックスが2020年度におこなったweb施策のうち、サービスページの改善にスポットを当ててまとめたものです。
本施策が全ての企業様にとって正解になるものではありませんがB2Bマーケティングに携わっている方の何らかのヒントになれば幸いです。

セレブリックスが2020年度におこなったweb施策のうちweb広告のバナーにスポットを当ててまとめたものです。
本施策が全ての企業様にとって正解になるものではありませんが、B2Bマーケティングに携わっている方の何らかのヒントになれば幸いです。

新規開拓で生産性を向上させ、成果を高めるためのチェックリストです。セレブリックスが独自で生み出したメソッド「顧客開拓メソッド」から内容を抜粋し、営業パーソンや営業組織がもつべき基本的なスタンス、起こすべき行動から、実際の営業活動で実施すべき項目までまとめています。

営業代行サービスでは、正社員中心の営業メンバーが現場の前線に立って貴社の営業活動を推進します。
支援内容、価格、納品体制など、サービス内容をまとめています。

セレブリックスの営業支援サービスについて、「支援範囲一覧」「競合との違い」「事例インタビュー」など、概要をまとめた資料です。

営業コンサルティングサービスでは、組織の問題点を分析し、営業の勝ちパターンを仕組み化します。
支援内容、価格、納品体制など、サービス内容をまとめています。

「セールスイネーブルメント」で撮るべき手順や、躓きがちなポイントを紹介していきます。

フィールドセールスの補完という形で徐々に広まり始めたインサイドセールス。
テクノロジーの発展やサービスモデルの多様化などを背景として注目を集めています。

そのインサイドセールスで、どのようにすればうまく効果を上げることができるのか、セレブリックスのノウハウにもとづいて解説しています。

無料登録からの有償化や契約継続のために必要なものとは何か、SaaS事業における収益向上のための営業施策と、カスタマーサクセスについて解説します。

どうすれば、プレイヤーからマネージャーへうまくステップアップできるのでしょうか。 本資料では、マネージャーが最初にするべきことや陥りがちな間違い、成功の秘訣について、セレブリックスの豊富なマネジメントノウハウにもとづいて解説しています。

いくら営業研修を実施しても効果が現れない理由って?どうすれば効果的な研修ができる?本資料では、弊社の支援実績を元に効果の出る研修のやり方を解説します。

セレブリックスでは、現在営業職として従事している社会人を対象に“新型コロナウイルス対策”の実態と、リモートワークでの営業活動に関する匿名のアンケート調査を行いました。

営業課題を解説する手段として営業のアウトソーシングが有効ですが、どうやって委託先を決めれば良いかわからない…という声も多いです。本資料はそんな悩みを持つ方に向けてアウトソーシングの選び方を伝授します。

営業人員は欲しいときに採用できるほど容易ではありません。だからこそ役立つのが営業アウトソーシングです。まずは営業の現場で直面している採用についての問題点から洗い出し、アウトソーシングという選択肢について解説します。

「ホットリードは多いのに売上が上がらない!」こんな営業部門の声をよく耳にします。この資料では、ホットリードを活用できない原因と本来のホットリードの活用方法をお教えします。