著者紹介:松澤 真太郎

プロフィール

松澤 真太郎 <Shintaro MATSUZAWA>
株式会社セレブリックス
コンサルティング事業部 部長

入社以来、社内の様々な部署の営業・営業リーダーを歴任。
入社4年目で年間売上・粗利額のギネスを達成し、全社の年間MVPを獲得。
現在では、営業研修部門のマネージャーとして、その営業経験を生かし、セミナーや研修の講師として活躍。
これまでに5,000人を超える営業パーソンの教育に関わっている。

 

メディア・講演実績

執筆コラム一覧

営業に関するノウハウコラム「Sales is」

略歴

2006年4月

株式会社セレブリックス入社

入社と同時に教育を専門にした子会社であるセレブリックスビジネスソリューション株式会社に出向。
プランナーとして企業研修や能力開発テストの営業に従事

2006年9月

株式会社セレブリックス出向復帰

新規事業立ち上げ部門である総合企画部に配属。
アカウントセールスとして新サービスであるMOS(マネジメントアウトソーシングサービス)の営業に従事。

受賞暦等:
配属後、アウトバウンドによる新規開拓に努め、
四半期表彰、通期表彰等様々な社内表彰タイトルを総なめにする。

2009年 7月

通期のMVPを受賞

圧倒的な営業成果を評価され、社内最大の新規プロジェクトである【在籍出向プロジェクト】のプロジェクトリーダーとして任命を受ける。

※在籍出向プロジェクトとは:当時リーマンショックの影響で雇用継続困難に陥った人材ビジネス、ITサービス系の企業から営業パーソンを一定期間出向と言う形で受け入れ、人件費の一部を支払いながら営業教育を施しピカピカの営業パーソンに育てて各企業に出向復帰させるというプロジェクト。 在籍出向元企業の開拓と同時に営業代行案件の獲得&在籍出向社員の教育を同時に行い、最大150名の受け入れを実現する。

受賞暦等:
諸々の実績が評価され、セレブリックス設立以来初めてとなる通期のMVPを受賞

2011年 4月

全社横断の営業部門新設に伴い、営業企画室の責任者に任命

営業企画室長として、営業コンサルティング・営業代行・プロモーション・採用等のセレブリックスが持つ全てのサービスを取り扱い、顧客のニーズに合わせて最適に提案する立場に。アウトバウンドはもちろんのことインバウンド対応も含めて一手に担う。
また新規事業として「セールスクラウド事業」並びに、諸事情により一度事業譲渡した、創業事業の「営業コンサルティング事業」立ち上げに任命

2012年10月

マネージャー職に昇格

同時に当時の企画営業室がグループ格に昇格したため、コンサルティンググループのマネージャーとして新たなスタートを切る。

2015年10月

セールス事業部の部長代理職に昇格

2016年 4月

コンサルティンググループを黒字化させた功績が評価され、2015年度(18期)の最優秀マネージャー賞を受賞。

2017年4月

部長に昇格

コンサルティンググループが「事業部」に昇格したため、コンサルティング事業部の部長として新たなスタートを切る。

 

講演・取材を依頼する


メルマガ会員募集中!!

セレブリックスでは、営業ノウハウや最新トレンドなどを随時お届けしております。
メルマガ会員希望の方はこちらよりお申込お願い致します