事業フェーズに合わせた アウトソーサーの選び方

 

企業の営業課題は、事業フェーズによって大きく異なります。

特に、新規事業の立上げ前後では、そのフェーズが遷移していくと同時に営業課題も刻々と変化し、自社のリソースやノウハウのみで解決するのには限界があります。

営業課題を解決するには、ツールなどのテクノロジーを活用する方法も考えられますが、営業課題解決のための有効な選択肢として挙げられるのが「営業アウトソーシング」です。

しかし、営業アウトソーシングにはさまざまな形態や種類があり、アウトソース先の特徴も異なります。

うまく活用するためには、自社の課題や状況によってその方法や委託先などを適切に選択することが重要です。

事業フェーズ毎の課題を整理し、営業アウトソーシングをどのような形で活用すれば、課題を解決して新規事業の立上げを加速できるのかを検証していきましょう。

 

 

続きは下記フォームよりダウンロードください。

資料の内容

  • 各事業フェーズにおける営業課題とは?
  • 営業アウトソーサーの対照的なタイプとその特徴
  • 【事業フェーズ別】最適な営業アウトソーサー
  • 営業コンサルティング会社が主体となって生まれたセレブリックス

 

営業支援ソリューション

今井晶也

<執筆者:今井晶也

セレブリックスの主席エバンジェリストとして、営業に関する公演・講義を全国で実施。営業マネジメント等の組織に関するテーマから、具体的な営業テクニックやコンテンツ作りまで専門領域は多岐にわたる。代表的な取り組みとして、長野県中小企業振興センターと共に【製造業に向けた提案型営業の習得を目指した講義】や、宣伝会議が主催する【見込客を顧客に育成するセールスコンテンツ講座】等で講師活動がある。DiSCの認定講師資格を所持。

※当コラムを「引用・転載」する場合には、引用元として記事のURLを明記いただければ幸いです。

メルマガ会員募集中!!

セレブリックスでは、営業ノウハウや最新トレンドなどを随時お届けしております。
メルマガ会員希望の方はこちらよりお申込お願い致します