採用するだけが人材確保の手段ではない。営業は採用からアウトソースする時代へ

近年、市場の成熟化やグローバル化のほか、長引く不況などにより、物やサービスが売れにくくなっているといわれています。そのため、企業は競合との厳しい競争にさらされ、攻めの営業を展開する必要性に迫られています。

ところが、しかも、売り手市場である求人市場では、優秀な営業担当者を採用することが難しくなっているという現状もあります。

そのため、営業経験のない人材を、短期間でトップセールスに育成できるような教育体制を整えている企業が、優位に立てる時代になってきました。

しかし、そのような教育体制を整えるためには、教育に携われる人員の確保や教育コンテンツの整備、属人的な営業活動のデータベース化など、いくつもの問題点があります。

そこで注目されているのが、手前味噌で恐縮ですが、営業のアウトソースです。

まずは、営業の現場で直面している採用についての問題点から洗い出し、アウトソーシングという選択肢について解説します。

 

続きは下記フォームよりダウンロードください。

資料の内容

  • 「営業職の採用」が直面している問題点
  • 「営業職の採用」という面から見た営業のアウトソーシング4つのメリット
  • 営業活動をアウトソースして大丈夫なのか?
  • より理想的な営業体制を構築するために

営業支援ソリューション

今井晶也

<執筆者:今井晶也

セレブリックスの主席エバンジェリストとして、営業に関する公演・講義を全国で実施。営業マネジメント等の組織に関するテーマから、具体的な営業テクニックやコンテンツ作りまで専門領域は多岐にわたる。代表的な取り組みとして、長野県中小企業振興センターと共に【製造業に向けた提案型営業の習得を目指した講義】や、宣伝会議が主催する【見込客を顧客に育成するセールスコンテンツ講座】等で講師活動がある。DiSCの認定講師資格を所持。

※当コラムを「引用・転載」する場合には、引用元として記事のURLを明記いただければ幸いです。

メルマガ会員募集中!!

セレブリックスでは、営業ノウハウや最新トレンドなどを随時お届けしております。
メルマガ会員希望の方はこちらよりお申込お願い致します