マーケとセールスの溝は埋まるのか?組織間の相乗効果を最大化させる方法とは?

「営業のキャパ不足で新規営業に手が回らない」そんな理由で、マーケ部門やインサイドセールス(IS)チームを拡張・新設するケースがあります。

しかし、せっかく立ち上げたものの思うように効果が表れない、という声が聞かれます。
せっかくのマーケ機能が、なぜ効果を発揮できないのでしょうか?

マーケ部門とISチームに生じやすい溝についてその原因と対策を探っていきます。

 

 続きは下記フォームよりダウンロードください。

 

資料の内容

・マーケティングとセールス課題認識のずれ
・組織間の溝を生み出す原因
・組織間連携のポイントは「事前対策」
・既に生じている問題の対策、営業関連組織全体の効率化のために

1,100社12,000サービスの実績がある私たちのノウハウが詰まった資料を無料でダウンロードいただけます

資料を無料ダウンロード

週1回、最新の営業ノウハウをトップセールスがメルマガにしてお届けします

メルマガに登録する

営業支援ソリューション

今井晶也

<執筆者:今井晶也

セレブリックスの主席エバンジェリストとして、営業に関する公演・講義を全国で実施。営業マネジメント等の組織に関するテーマから、具体的な営業テクニックやコンテンツ作りまで専門領域は多岐にわたる。代表的な取り組みとして、長野県中小企業振興センターと共に【製造業に向けた提案型営業の習得を目指した講義】や、宣伝会議が主催する【見込客を顧客に育成するセールスコンテンツ講座】等で講師活動がある。DiSCの認定講師資格を所持。

※当コラムを「引用・転載」する場合には、引用元として記事のURLを明記いただければ幸いです。

お役立ち資料をダウンロードする